認定薬剤師の業務と専門薬剤師の業務

薬剤師の使命は、薬を用いて人々の健康に寄与することだというのは言うまでもありません。そのために、適切な薬を調剤し、的確な情報を提供する必要があります。薬は人の疾患を治す便利なものである反面、使い方を誤れば毒にもなります。その薬を正しく管理する必要性があるのです。

古代、医師が診察を行ったのちにその医師が調剤も行っていたわけですが、その医師による毒殺の危険性も出てきたために、診察を行う人(医師)と薬を調剤し投薬する人(薬剤師)とは同一人物によっては行わないという仕組みができました。これが医薬分業の始まりであり、薬剤師の起源とも言えます。それ以降薬剤師は薬の専門家として、知識を磨き人々の健康に役立つよう自己研さんしてきました。ただし日本では医薬分業が広まりつつあるものの、まだ十分に浸透しているとはいいがたい状況ではあります。

さて、薬剤師は医療の需要または社会の需要にこたえるために、必要な薬の知識を生涯にわたり得続ける必要がありますが、その習得した知識の度合いを示すものとして、認定薬剤師制度と言うものがあります。

最近では転職をする際に、認定薬剤師の資格の有無が決め手となる場合もありますね。使用する側としても薬剤師の日頃の研鑽の度合いを知る客観的な指標として扱うこともあるのではと思います。

さて、認定薬剤師の制度があることで、薬剤師自身がどの程度の知識習得やスキルアップを目指せばよいのかの目安になりますし、また一般の方からは「あの薬剤師は認定薬剤師である」というレベルの高い薬剤師であるという判断基準にもなります。

認定薬剤師についてですが、認定薬剤師は現在十数個の認定薬剤師資格があります。

主な認定薬剤師としては、

(日本薬剤師研修センターが認定するものとして)
研修認定薬剤師

(日本病院薬剤師会が認定するものとして)
がん薬物療法認定薬剤師、感染制御認定薬剤師、精神科薬物療法認定薬剤師、妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師

(日本薬剤師研修センターと日本生薬学会が認定するものとして)
漢方薬・生薬認定薬剤師

(日本緩和医療薬学会認定が認定するものとして)
緩和薬物療法認定薬剤師

などがあります。これらを見ても分かる通り、様々な団体がそれぞれ認定資格を発行しているという状態でもあります。それぞれの団体で、生涯研修の一環として認定資格を発行しているのです。

一方、日本病院薬剤師会が認定する資格としては、「専門薬剤師」と言うものもあります。こちらは、日本病院薬剤師会が認定する認定薬剤師資格に対して、認定薬剤師の認定の後に、さらに学会での発表、学術論文の提出、そして試験を行い認定されます。認定される過程を見ても分かる通り、認定薬剤師よりも、さらに学術的な傾向の強い性格を持つ資格となります。

日本病院薬剤師会の認定資格となりますので、上記の認定薬剤師資格のうちの、

がん薬物療法認定薬剤師、
感染制御認定薬剤師、
精神科薬物療法認定薬剤師、
妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師

について、専門薬剤師の認定が可能となります。

なお、最近は薬局系の資格についても専門薬剤師認定が広がる傾向にもあり、

・認定専門指導者(専門薬剤師)
 →特定非営利活動法人日本禁煙学会が認定

・栄養サポート(NST)専門薬剤師
 →日本静脈経腸栄養学会認定
 
などもあります。

このように多くの認定薬剤師資格と専門薬剤師資格がありますが、現状は残念ながら団体間での統一が取られていないという状態であるとも言えます。看護師にも同様に認定看護師、専門看護師という資格がありますが、こちらは全て日本看護協会が認定しているため、統一感が取れている状態です。

その影響もあるのか、現在、厚生労働省により、医療広告として記載が認められているのは、日本病院薬剤師会が認定する「がん専門薬剤師」のみとなっています。一方、看護師の認定看護師、専門看護師についてはほぼすべてが医療広告への記載が可能であり、診療報酬へのプラス加算も認められています。今後は薬剤師の認定資格についても、各団体間が連携することによって一体感のある認定資格と収斂させていくことが課題だと言えるでしょう。

薬剤師が認定資格を取得するのにサポートを惜しまない職場もあります。もちろん、認定薬剤師が増えることで職場にとってメリットがあると考えてのことですが。薬剤師のいろいろな職場については転職サイトを利用すると便利です。

福岡で薬剤師として働くときに、こうした薬剤師の専門資格につながるような職場をさがしたいという人もいることでしょう。そうした場合にはより多くの求人を確認していくことをお勧めします。
薬剤師求人福岡転職ガイド